理想の賃貸を見つけよう

ハイリスクな賃貸条件を避けることが大切です

理想の賃貸物件を探すためには、なるべく避けた方が良いハイリスクな賃貸条件を排除する所から始めると良いです。なぜなら、賃貸借契約に余程詳しい人を除いて、不動産屋から紹介された部屋ならば全て良いと考えてしまいがちだからです。不動産屋は、オーナーからの依頼を受ければ紹介する義務があるので、いかに良い賃貸条件かという点を紹介します。理想とする部屋を探す前提条件として、サブリース物件・賃貸保証会社利用必須物件といった入居者にメリットが少なくリスクが高い条件の部屋を避けておけば、絞り込み検索をかけやすくなるわけです。契約内容についても、定期借家契約は入居者に不利となる契約方法ですから、原則として避けておくと良いでしょう。

希望の条件を明確にしておくと見つけやすい

ハイリスクな賃貸条件を避けた所で、希望の条件により絞り込み検索をかければ、自然と理想の賃貸物件が見つかりやすくなります。全ての条件で一斉に絞り込みをかけてしまうと、希望の部屋が見つかりにくくなる可能性があるので、譲れない条件に優先順位をつけておくと良いでしょう。徐々に条件を追加したり解除することで、部屋詳細情報が不足しているために候補から外れてしまう部屋を見つけることが出来ます。不動産屋で紹介された部屋情報には、特徴が記載されていますが、掲載情報量に差があることに気が付くはずです。絞り込み検索をかける際には、掲載されていない情報については除外されてしまうので、あまりにも厳しい条件検索は優良物件を見逃すキッカケとなるので注意が必要です。